ぶんちょ~復活

患っていた文鳥ですが今日4回目の診察でした。

良かった~~~~~!!!!嬉しい~~!!!3週間文鳥もよく頑張ったね~~~!!
看病漫画かこうかな~と思っていたけどもう脱力して気力が沸かない。
最初もたぶん私しか気づかないビミョ~な異変だったので一応連れていくか…の気持ちの初診の時点で「もう……いつどうなってもおかしくないです……」「爪切りしたらそのまま死ぬかもしんない」ってか細い声で獣医さんに言われたから絶望絶望…だったけどよかった~~!!連れて行った次の日からたまたま獣医さんがお休みになる日だったので入院不可で、あと二日が勝負ですからご自宅で頑張ってくださいって言われたので夜も寝ずに頑張ったよ!

投薬があったのですが保定(安全な形でのわしづかみ)にくちばしに直で薬をあげるのが意外とすんなりできて良かったな…。ただ仕事の日には朝一番に投薬して、夕方にマッハで退勤して薬あげて深夜に起きてまた投薬…のサイクルが大変だったのと、ゲージ内30度キープが調整難しくて大変でした。この間に保温器具たくさん買い足したし温度計も性能いいのに変えて今ゲージからコードがいっぱい出てる状態……その上に保温のためのカバーもついてすごく要塞…。
一番しんどかったのがゲージから出してくれの文鳥のアピールが一番つらかったです。視線が痛い……!運動制限のため水浴びも放鳥もダメだしゲージもいつもの大きいものから半分以下のサイズになってたしごめんよごめんよ……!といいながらクチバシに薬突っ込んでましたね…。まだ病み上がりなので元の生活をさせるのは徐々にですがひとまず治って良かったです。
ちなみに病気は肺炎でした、完治ではなく予後はまだ色々あるんですけど…まだしばらく気をつけながら外で早く遊んであげられるように飼い主も頑張ります。

トップへ戻る