白菜が安い

今日風が強すぎる。

何にしろ次は龍の看護人の本制作がしたいですね~。自分だけが楽しむものにしたいので製本と同時にその資料はサイトにも同じく載せれるようにゆるゆるな感じでやりたいです。1から10まで苦労して算出した物語なのに本だけにしか載せないの報われないので…私が…。自分が楽しければいいので本の単価2000円とかになっても許す!!私が!既視感あるのでこれ多分前も言ったね。

あと通販はしばらく何も予定はないのですが、最近そこらへんの文化が発展しているので調べてみたものの、ウーン…結局どれがいいんでしょうね。やっぱり手数料が決め手なのかな。自分が買う時は推し作家さんの作品ならと金額はほぼ見えていないのですが売る側だと気になりますよね~。手数料と匿名配送で送るかどうかかな~という印象です。ここ数年で匿名配送文化はぐんぐん進んで内心は手続きめんどくさそうすぎて手を出せなくなったのもありますね…大事なのは分かる…。

トップへ戻る