5億年ぶりの

水彩。白抜きするところは後でアクリルとか乗せればいいんですけど、はがす時の快感でついマスキングを使ってしまいます。

やりたいこと多いが多いが……フッ…時間がない…。

2色らくがき

この前のと同じ色のうちの2色ですがちゃんとスキャンしたので黄ばんでいない。水泡のぼやけたやつはPCであとから加筆したやつ。

スマホを買い替えたときに保護フィルムをブルーライトカットのにしたらすべてが黄色みがかった画面になってしまったので張り替えたいです。

3色

試し塗りだし~と思って下絵も紙もテキトーに始めたのがよくなかった…しかし色は綺麗!紙は特に湿気て痛んでいるのでガビガビですが色はいいでしょう~。この3色は透明色なので乾いた後に重ねれば重ねるほど透明セロハンのように透けて綺麗なんですよね。私は全然知らなかったんですが、水彩でも透明・半透明・不透明があるんですって。あんまり気にしてなかったけど、透明色はやっぱり綺麗だな~。この青とてもいい青で、あとどうみてもピンクなのはバイオレットらしいのですがオペラ(似た感じの別の明るいピンク)と違って他の色とも仲良くしてくれるから好き。
この青と仲良くしてくれそうな青系の緑もあるのでこっちはまた次回混ぜて使ってみたいです。

前回の記事で言っていた通り仕事で1週間しぼり取られていました。顔出しに来たかったんですけどね~…やりたいことは山積でしたが手が付けられなかったなぁ…。あ!今週の息抜きはカービィディスカバリ―をちまちまやっていましたとても面白い…とても程よい~。エーン創作の話が何もなくてすまない気持ち。読み物回は息抜きを兼ねて地味に修正しまくってます。

すいさい~

今年の抱負:色を買い足さない。
「画材通販サイトでセールやっとるで!」
「日本で買うと一本3000円のチューブ絵の具がなんと1000円!」
……ウワ…ウワ…( ˘ω˘ )……
とモダモダしてる間に海外発送なので送料が爆上がりして単価も爆上がりの上売り切れで買えない感じに!さらにもだもだしてる内に1周回って国内購入の方が安くなってて振り回されています…ウッ…ウウッ…。日本製は一本100円からありますが海外製のものはすごく高いんですよね。でも水に溶いたりすると色がふわ~~と溶けてする~っと色同士が混ざるしとにかく視覚的に楽しいんですよね。画像のものはドットカードという全色試し塗りができるよ!というものの試し塗りです。真ん中のハヤテは関係ないです(余ったスペースに塗っただけ)青が良いな~~青が…。

明日から仕事のじごくのローテが1週間ちょい続くのですでにウワ~いやだよぉ~~おうちから出たくないよぉ~~の気持ち。春霞って響きは綺麗だけど現代に実際かすませているものの多くが黄砂・PM2.5・花粉というのを朝のお天気ニュースで見てなんかフフッってしました。笑い事じゃないか。

おわったよ~

違うんですよ日中は仕事だし夜か休日しかやってないんですけど予想外に早く終わってしまい……やればできる子だね~!いや暇人とかではないんです決して…。中旬までだ~間に合うかな~~とか思っていたから焦ったのかも知らん。

ちなみに元絵は見ずに描いたと言いました。今日完成後に全然変わってなかったらどうしよ~と思いつつ去年の龍の看護人と並べてみました。
違いを見てほしいのでリメイクしたあととなってはちょっと恥ずかしいのですがあえて元絵も再掲します~。まずは元絵です。

白龍さまはここを元にデザインを変えているので「ん?」って感じだと思います。
ほんでこの絵を元に今回リメイクした完成絵です。

どうでしょう~私はすごく変わったなと思ったのですが。一応ブラッシュアップできているのでは~。ちょっと笑ってしまうくらい私的には白龍さまが違いすぎる!キャラは定期的に描くと手癖に馴染んでいきますよね…。上の元絵は正直自宅の古い複合機のスキャンなので色補正がおかしいのですが下はほぼ無加工…!でも原画で見るとなんか…やっぱり色味が全然違うのでなかなか悔しい所です。

そんなこんなで絵は完成までこぎつけたのでとりあえず今日データは取って、これから青のパールと青と緑の偏光パールを入れます…!今回は原画を見てもらえる予定なのでね…!額装が未知すぎて…店員さんにこれに合う額を見繕って下さいと最初は頼むしかない~。しばらくこれに取り組んでいてデジタルと人間がなんかガタガタになってしまったので次からはまた普通にデジタル頑張りたいです。結局爆速で進んでしまってあんまり進捗あげられませんでしたね~~!!

絵の具マンション

水彩の絵の具をパレットからハーフパンにお引越ししました。見やすい!
パレットだと大体24色~多くて36色とかしか入れられなくて、一度入れたら移動させるのがめんどくさいのです。それを解決してくれたのがこのハーフパン先生…。100個入りを買いましたがパレット一枚より安いくらいです。これなら後から新しい色を買って配置を変えたいときも自由自在なうえよく使う色とか同系色とか管理しやすいです。パールも入るよ!この収納方法はTwitterの画材研究タグというものでパレットを検索して出てきたもので考えた人天才だな~と思いました。
ちなみにこれを入れ替える時は水彩玄人と一緒にやっていたのですがその人はこの倍以上絵の具もっているので壮観でした。15mlの絵の具も分けてもらいました…ありがたい…

私が現場って呼んでいる絵の具。どう見ても血だまり。
一番上の段には分離色やお高い絵の具を置いているのですがそれのひとつがコレ。これは顕著すぎますが水を足して紙に塗ると色が分離するという不思議な絵の具なのだ~。このメーカーのは青×赤とか緑×紫とか、すっごい補色ゥ!って感じのばっかりでいっそ面白かったです。有名なところだと青×黒とか青×茶色とか赤紫×茶色とか馴染みやすい分離なのが一般なイメージ。
ちなみにこの絵の具で塗ったもの。

青緑×桃色という感じになります。上の生々しさどこいったんやくらいになかなか可愛いです。青×空色というのも塗っては見たのですが加減が難しく上手く分離が見せられなかったので要修業ですね…!分離色はとても楽しいのですが加減が難しいので一枚絵には不向きな感じがします。

いかにもっぽく書いてはいるもののまだ水彩に関しては始めて1年未満のペーペーだと思った上で読んでやってください…オオオ…。結局ほぼ一年線画で迷走していたな…。

トップへ戻る